望遠レンズ、夜景撮影、三脚なし

あまりに更新していなさすぎた。

はてなだけではなくて、私物のパソコンで自分の文章を打つ機会があまりにもなさすぎて、ついにパソコンの予測変換機能が記憶を飛ばしてしまった。

「更新」って打とうとしたら「行進」がいちばんに出てくる。
大好きな「ジブリ」すら「地ぶり」と予測してくる始末。

これはさすがにいかんと思ったので文章を書きます。

 

 

先月16日、京都では五山送り火がありました。

なんでも京都人に「大文字焼き」なる言葉は禁句らしいですね。
大学で知り合った京都人も、「大文字焼きなんて言った奴は焼く」(意訳)とおっしゃっており。

五山送り火の6文字(未だにこの1の差はどういう訳か分かってない)のうちでもっとも代表的であろう如意ヶ嶽の「大」、実は下宿先からどんぴしゃ見える位置にあるのです。

というか吉田キャンパス近辺で東に窓がある家に住んでいる京大生の家からはたいがい大文字が見えます。

せっかくそれなりにいいカメラを持っているんだから大文字送り火のベストショットを撮ってやろうじゃないかと息巻いて、使い慣れない望遠レンズに付け替えてタイミングをはかっておりました。

 

結果撮れた写真たちがこちら。

f:id:ynmt-magbook148565:20170908154018j:plain
f:id:ynmt-magbook148565:20170908153956j:plain
f:id:ynmt-magbook148565:20170908153946j:plain
見るも無残

 

夜景の望遠撮影を手持ちでやろうなんて考えが浅はかすぎました。どんなにカメラがよくっても撮影者の腕と知識がなくちゃあそりゃこうなる。

 

三脚はなくてもなんとかしてナイス送り火ショットを撮ってやろうと試行錯誤して、なんとか固定方法を見つけて撮った写真がこちら。

 

f:id:ynmt-magbook148565:20170908154724j:plain

f:id:ynmt-magbook148565:20170908154727j:plain

 

若干の動きはあるけれど綺麗には取れた。綺麗には。(自分比)

 

……煙たい。

私がイメージしてたのはもっとこう、光が点々と暗闇に映し出されてるような、お盆の儚さを感じさせるような一枚であって、、、

 

カメラを構えて点火を待っていた時にはまさかこんなダイナミック送り火が撮れるとは思ってもいなかった。
送り火の光を写真に収めようとしていたのに、結果として印象に残るのは煙である。

しかしながら考えてみよう、亡くなったご先祖を天界へ送るための送り火、上へのぼってご先祖をお送りするという意味では、光より煙の方が本来の送り火の趣旨に近しいものなのでは?これは宗教儀礼としての送り火、如意ケ嶽大文字をありのままに写した写真なのでは…?

 

適当な言い訳を考えてしまった。京都人に焼かれるかもしれない。

 

まとめて言えば、「どの写真も味があっていいよね」である。

せっかく買ったいいカメラ、その性能に追いつくくらいには腕を磨きたいと思う今日この頃。

 

さて、少しは予測変換くんのリハビリもできたでしょうか。
カメラもブログも物書きも、何事も継続が大事だと予測変換くんは教えてくれているのかもしれない。

海の生き物と鉄の道

先日はてなブログからメールが届いて、「あなた1ヶ月更新していないですよ」と教えてもらいました。

三日坊主とはまさしく私のことだと再認識させられたのが悔しかったのでブログを書きます。

 

 

きょうは、京都水族館京都鉄道博物館に行ってきました。お魚さんたちがとてもきれいでした。いろいろな電車が見られて、楽しかったです。

 

小学生の作文のような感想はさておき。

京都水族館、実は今年に入ってから今日で4回目の来館というハイペースです。(ちなみに今週もう一回は行きます)通算だと両手で数えられないくらいには行っているはずなので、ぶっちゃけると展示内容もイルカショーのセリフもほぼ覚えているのですが、それでもやっぱり生き物は見るたびに変化があっていいですね。

ちなみにミラーレスを買って以来、カメラの練習も兼ねて水族館に行っているのですが、水族館はそもそも水槽じたいがお洒落だったりさかな自体が綺麗なので、何撮ってもなんだかんだいい感じに撮れてしまって練習になってるんだか分かりません。後で撮った写真を見返して「なんこれめっちゃ綺麗に撮れてるじゃんすごい」って調子に乗ります。よろしくない。

f:id:ynmt-magbook148565:20170309230830j:image

 f:id:ynmt-magbook148565:20170309230838j:image

下の菜の花も水族館内で撮りましたよ

 

そして京都鉄道博物館

こちらは初めて訪れました。リニューアルオープン以来混雑がすごいぜというのは聞いていて、ほほぅ人気なんだなぁすごいなぁと感じてはいたものの、実のところわたし自身まっっったく鉄道に興味がなく(単に移動手段としか思ってない)、行きたいともあまり思っていなかったのですが、同行者の希望でふらっと寄って、しかもこの手の施設にしてはなかなか安い1000円(大学生料金)という値段に推され初来館と相成りました。

 

感想を言うと、思っていたより面白い。

どうせ昔の車両があったり運転席に入れたりするだけだろふふんってくらいに思っていたのですが、

昭和の駅舎が再現されていたり、鉄道関係の文学や音楽が紹介されていたりもして、鉄道ど素人文系女もそれなりに楽しめました。

あと内容と全然関係ないんですが、平日の昼だったのもあってか館内はあまり人が多くなくてゆったりしていたのに、ミュージアムショップだけはとても人口密度が高くてなんだか印象的でした。

f:id:ynmt-magbook148565:20170309232822j:image

f:id:ynmt-magbook148565:20170309232823j:image

f:id:ynmt-magbook148565:20170309232835j:image

 

以上、今日したこと楽しかったことメモでした。長いと思っていた春休みももう半分以上が過ぎてしまい、まだまだあると思っていた大学生活も限りがあるのだと実感しはじめてきた今日この頃。せっかくこの地で暮らしているのだから、できること、行ける所を精いっぱい楽しんで過ごして行きたいものですね。

おやすみなさいませ。

ファインダー

ミラーレス一眼レフカメラを買いました。

OLYMPUSのミラーレス一眼です。型落ちのをちょっとお安く買えました。とはいえだいぶかかった…

 高校時代に部活の一眼レフで天体写真撮りまくってた頃から、自分のカメラが欲しいと思い続けていたのですがなかなか買う機会を持てず。今になってようやく手に入れられました。

 買ってから家の中のものを少しずつ撮ったりして慣らしているところです。うまく撮るのムズカシイ………

 

これは自論ですが、男子大学生が自分のお金を貯めて買いたいもののトップがクロス(あるいはロード)バイクだとしたら女子大学生のそれに相応するものがカメラなのではないかと思うのです。ええ偏見です。

 

それはさておき、せっかく写真を撮るならそれを外に出す場もあったらいいなということで、tumblrやってます。↓ 

planetarium

もしよろしければどうぞ。だいぶ前からアカウントを作ってはいて、スマホで撮った写真載せたりしてはいたんですが、本格運用ということで。インスタを始めようかとも思いましたがそれは後々……

備忘録

  • インプット

TwitterPinterest

  • アウトプット

ここ、tumblrTwitter、日記

 

  • To do

参考書

旅行計画

カメラ

ミシン

クローゼット整理

大掃除

ドライヤー

写真ドライブに

ぬいぐるみ

ぬいぐるみ。いいですよね。

 ブログ名からもお察しできましょうが、私ぬいぐるみがとても好きです。

 

愛しのぬいぐるみたちのことは、基本的に「人形」ではなく「ぬいぐるみ」と呼びたい。

「縫って包む」で「ぬいぐるみ」、このネーミングが非常に可愛い。ただでさえ「ぬい」という平仮名の響きが自然な可愛さを持っているというのに、そこに「くるむ」とかいう動詞界随一のほんわかかわいいボキャブラリーが繋がっている。まさにお見事な可愛さぶり。

ぬいぐるみを好きになったきっかけはごく普通で、小さい頃にぬいぐるみでよく遊んでいたからなのですが、成長してから思い返してみると我が家のぬいぐるみ遊びは実は普通ではなかったのかもしれない。

ある日小学校から家に帰ると、母がぬいぐるみ数体を並べて「今この子たち運動会してるの」と写真を取っていたことがありました。

私にしても、4人用のボードゲームを、4体のぬいぐるみが対戦するという体で1人4役して遊ぶのが小学生期のお気に入りの室内遊びだったんですが、高校に入って友人にその話をしたらどん引きされました。

正直これに関しては私も寂しいなとは思っていたけれど、家族も大概そんな感じだったので気にしようがなかったところはあります。

 

閑話休題、世の中にはぬいぐるみにまつわるこんなサービスがありまして

 

  • ぬいぐるみ病院

ぬいぐるみ健康法人もふもふ会 フモフモランドぬいぐるみ病院

  • ぬいぐるみの図書館お泊まり会

ぬいぐるみの図書館おとまり会を実施している・したことのある図書館。 | ぬいぐるみとおもちゃのWEBマガジン nuiguru_me(ヌイグル・ミー)

 

読めばどういうのかは分かるはず。というか、内容だけ知るよりもぜひサイト全体から溢れる暖かさを感じていただきたい。

特に上の、ぬいぐるみ病院のほう見ていただくと、ぬいぐるみをペット、むしろ家族の一員として扱っているのが見てとれるはずです

ちなみにぬいぐるみ病院を経営している(株)こころ、フモフモさんやモケケといったぬいぐるみを生み出しています。フモフモサロンというぬいぐるみのイベントも定期開催していて、その中でぬいぐるみを購入することもできるのですが、そのイベントもまた素晴らしい。

そのイベントでぬいぐるみを購入することは、「お迎えする」と表現されます。ぬいぐるみを金銭の授受によって得るモノとしてではなく、人格をもったキャラクターとして捉えるこの心意気。素晴らしいと思うのです。

 

長く書きすぎました。長く書くとオチを見失って適当な着地をしてしまう所があります。今回もそうですが許してください。

世界じゅうに響けぬいぐるみの温もり、と念じながら二度寝します。添い寝役は抱き枕のけろちゃんです。おやすみなさい。

ことはじめ

 

先輩もすなるブログといふものを私もしてみむとてするなり

 

はい、そういうことです。はじめまして。

日本のとあるところで学生をしている者です。

 

いちおう人文系に籍を置きながら、レポートだとか、感想だとか、そういった自分で文章を考えてまとめることが非常に不得手なのはいかんなぁと、ブログなるものを開設してみた次第です。

ついでに言うと、最近「"自己発信"やら"アウトプット"って何奴……?」っと思う機会が多くもあり。

 

考えを整理する場所、ついでに人に発信するとは何たるかを探る場所にできればいいなぁと思います。

どうぞよしなに。